「日本で働きたい」

外国人が日本の会社で働く場合には、就労ビザを取得しなければなりません。
就労ビザといっても、どのような仕事に就くかで、どのような条件で仕事をするかによって、取得するビザが異なります。
学歴、実務経験などの資格該当性及び雇用先の実態、従事させる業務の内容など、事前にしっかりと確認する必要があります。

1. 技術・人文知識・国際業務
  通訳、語学の指導、為替ディーラー、デザイナー、コンピューター技師、自動車設計技師等
2. 企業内転勤  
  企業が海外の本店又は支店から期間を定めて受け入れる社員
     ※活動は、「技術・人文 知識・国際業務」に掲げるものに限る。
3. 技能
  熟練技能者、中華料理・フランス料理のコック等
4. 介護
  介護福祉士として、介護サービスに従事する者
5. 特定技能
  特定産業分野(外食、宿泊、飲食料品製造など14職種)の各業務従事者

取得要件、提出書類の確認漏れ等がないよう、スムーズに短期間でビザを取得できるよう、まずは専門家へご相談ください。